メインイメージ画像

職種によって全然違う!

肝心なこととなる転職の際の面接ですが、バイトの面接と同様に、仕事によって内容が全然変わってきます。事務の仕事も同じかもしれませんが、サービス業などはやっぱり経験者が優遇される事が多いようです。例をあげるとレジの仕方など、経験があればちょっとした説明でやれるようになります。教える人もそこに時間を取られずに済みますから、簡単です。もちろん、どのくらいやる気があるかを伝える事で採用に繋がる事があります。事務職の面接であれば、正確さが試されたりします。



面接官が転職希望の求職者の事の中で、知りたいことはキャリア情報だそうです。その人がどんな職場でどのような立場で、どんな事をしてきたのかが知りたいのです。具体的にしてきた事を、努力した部分も知りたいことでしょう。その人が入社すればどんなメリットがあるかイメージできるかどうかです。面接官を虜に出来れば、おそらく合格でしょう。

アジア圏では人見知りの人が珍しくありませんが、面接の際にはドキドキしますよね。

何回かは転職をしていても、人見知りの人はいつも困るものです。しかし緊張するほどに真剣に入社を考えているとも取れますし、一生懸命さが伝わります。そんな場合人見知りの人は逆に質問することが良いでしょう。面接官に対し不明な点や質問をぶつけることで、話を聞く側になります。あいずちの打ち方も評価対象なので、それもアピールになるのです。